キャッシュバックなどの特典は?auひかりのお得な引越し方法

自宅のインターネット環境を快適にするために、通信速度が高速で安定している光回線を利用している人が増えてきています。しかし、せっかく快適に光回線を利用してインターネットを楽しんでいても、引越しのときには持ち運ぶことはできません。

撤去工事や開通工事などが必要になり、費用もかかってきます。ここでは、光回線の引越しのときに知っておくべきことを紹介しましょう。

光回線と他のインターネット回線の比較

光回線とは、光ファイバーケーブルを使用したインターネット回線です。光回線で使用している光ファイバーケーブルは、ガラス繊維でできているので、従来の金属製のケーブルに比べ、高速で安定した通信が可能になります。

他のインターネット回線として、ADSLやCATV、Wi-Fiルーターを使用するモバイル回線などがあります。ADSLは、電話回線を利用したインターネット回線です。光回線が普及する前は、主要なインターネット回線として使われていましたが、ほとんどの地域でサービスの提供終了が予定されています。

CATVは、ケーブルテレビのインターネット回線です。光回線より速度は劣りますが、テレビサービスが充実しているので、ケーブルテレビとインターネットをまとめてセット契約している人が多いです。モバイル回線は、他のインターネット回線とは違い、持ち運べることが特徴になります。

一人暮らしの人や外出先でもインターネットをよく使う人、初期工事が不要なので引越しの多い人に向いています。しかし、速度が光回線より遅く、通信制限もあるので、自宅での大容量データの送受信や動画視聴、オンラインゲームには光回線の方がおすすめです。

自宅では光回線を利用し、外ではモバイル回線を利用している人も多いです。

光回線の選び方

自宅で快適なインターネット環境を作るには、光回線がおすすめです。光回線を使ったインターネットサービスには、いくつかの種類があります。NTTの光回線を使った「フレッツ光」や「光コラボレーション」、電力会社系列の光回線サービス、NTTと電力会社の光回線を使った「auひかり」、NTTの光回線を高速化した「NURO光」などです。

「光コラボレーション」や電力会社系列には、それぞれいくつかの回線事業者やプロバイダーがあります。光回線はNTTや電力会社のものをそのまま使用するので、回線の速度や安定性などの品質は変わりません。しかし、各事業者やプロバイダーによって、料金やサービス、特典などが異なります。

まずは、自宅が希望する光回線サービスの提供エリアかどうか確認しましょう。特に「auひかり」や「NURO光」は提供エリアが狭いので注意しましょう。選び方として、多くの人が自分の使っているスマホと割引があるものを選んでいます。

インターネットの月額料金が高くても、スマホ料金とのトータル料金が安くなることもあります。キャッシュバックや月々の料金が安くなるキャンペーンや特典などで選ぶ人も多いです。高額なキャッシュバックキャンペーンも多いので、どれがお得かよく考えて選びましょう。

キャッシュバックの金額に気をつけてauひかりに申し込もう

auひかりとは?

auひかりとは、KDDIが提供する光回線サービスです。auひかりが他の光回線サービスと違うところは、エリアによって電力会社の光回線を使用したり、NTTの光回線を使用したりしているところです。他の電力会社系列の光回線サービスが提供している関西や東海エリアでは、auひかりホームタイプを提供していないので利用することができません。

ただし、マンションタイプなら利用できることもあります。反対に、auひかりが提供されているエリアでも、建物によっては利用できないときもあります。いろいろ悩んでauひかりに決めても、提供できないエリアや建物だったなんてことにならないように、KDDIやプロバイダーの公式サイトで簡単に調べることができるので事前に確認をしましょう。

auひかりは、他の光回線サービスと違い独自回線を使用しているので、回線が混みづらく速度が速いと言われています。プランの中には、最大10Gbpsの高速プランもあるので、速度を重視する人に向いています。スマホのキャリアがauの人には、お得なセット割の「auスマートバリュー」が適用できるのでスマホ料金が安くなります。

さらに家族分割引が適用されるので、家族にauユーザーが多ければその分安くなります。auひかりは、他の光回線サービスに比べお得な高額キャンペーンが多いのも人気の理由のひとつです。

引越しのとき、光回線はどうする?

自宅でも快適にインターネットを使いたい人は、光回線を利用している人が多いです。しかし、光回線は開通工事をしないと使用することができず、申し込み手続きや工事の立ち会いなどが必要になります。工事費などの初期費用は、契約してから分割で負担してくれるキャンペーンなどがありますが、2~5年以上使用しないと全額負担してもらえないことが多いです。

一戸建ての引越しなどでは、ほとんどの場合に撤去工事が必要になり、こちらも工事費がかかります。違約金や解約金が発生することもあり、金銭的負担がさらに増える場合があります。引越し先でも、また光回線サービスの申し込み手続きや開通工事が必要になります。

光回線も引越しすることができれば、手続きや金銭的負担が軽減されるかもしれません。光回線サービスの中には、いくつか引越しが可能な光回線サービスがあります。auひかりもその中のひとつです。しかし、引越し先がサービス提供エリア外の場合、回線の引越しはできなくなります。

エリア内であっても、マンションなどの建物によっては利用できない場合もあるので注意が必要です。

auひかりの引越し手続きとは?

auひかりでは、引越し先も提供エリア内であれば、違約金や解約金がかからずに引越し先でも慣れたauひかりを使うことができます。工事費は負担になる場合がありますが、auひかりでは、条件を満たせば、引越し者限定のキャッシュバックなどのキャンペーンがあります。

KDDIに引越し手続きをし、引越し先で再開されるまで最短でも3週間ほど時間がかかります。引越し先での開通工事が終了後、新しい機器を設置・設定すれば引越し完了です。しかし、引越し手続きと解約してから新規契約するのではどちらがお得になるでしょう。

契約期間中の解約や新規契約のキャンペーン内容にもよりますが、解約してから新規契約する方がお得な場合が多いです。auひかりは、高額なキャッシュバックキャンペーンが多いので、違約金や解約金、引越し前の工事費の残債などがあってもキャッシュバックの方が高額な場合があります。

auひかりを引越し先でも利用したいときは、解約手続きと新規契約手続きなど手続きの手間は増えますが、解約してから再度新規契約する方がお得でしょう。その際には、よりお得なキャンペーンやサービスのあるプロバイダーを選びましょう。

auひかりのお得な引越し方法

快適なインターネットを、できるだけお得に利用したいと思う人は多いでしょう。auひかりは、通信速度も速く、auのスマホユーザーなら料金も安くなるので、続けて使いたいと思う利用者は多いです。しかし、引越しなどの場合、光回線は工事が必要になり、工事費の負担が増えてしまいます。

その際には、解約してからよりお得なプロバイダーで再度新規契約した方が、引越し先でもお得にauひかりを利用することができるでしょう。

参考(auひかりキャッシュ > NNコミュニケーションズ)https://xn--au-173argve0islncshb2h.biz/cashback/